ホーム導入事例聖隷三方原病院様

聖隷三方原病院様

  • googleplus
「問題なく稼働していること」が一番の効果です。
(右)医療情報課 課長 大橋 暢 氏
(左)医療情報課 課長補佐 河口竜興 氏
聖隷三方原病院様

聖隷三方原病院様について

社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院 様

1930年 貧しい結核患者の収容保護事業を開始
1942年 聖隷三方原病院の前身「聖隷保養農園附属病院」開設
1973年 「聖隷三方原病院」に改称
総病床数 934床(一般810床、精神104床、結核20床)
遠州地方の中核となる医療機関
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院

契約内容

「TS-451U」を2台、保守内容は「5年オンサイト保守」としました。
導入時には「初期セットアップ」と「ラッキング(設置)」をお願いしました。

導入前の課題

今まではWindowsサーバーを利用してきましたが、サーバー機器の老朽化や、
OSのサポート切れの課題があり、リプレイスの方法を検討していました。
また、今後の院内でのNASの需要も考慮しました。

利用用途

ファイルサーバーとして利用しています。
また業務システムデータのバックアップ先としても利用しています。

検討したきっかけや選定した経緯

コスト削減の観点から、HIS(医療情報システム)メーカー以外からの選定も選択肢に加えました。
また、Windowsサーバーよりも用途が限定されたNASに移行してもいいのではないか、と検討とする中で、QNAPが候補に挙がりました。

QNAPを導入した理由、ポイント

価格、ハードディスクの質、保守体制を検討しました。
特にハードディスクの質は重要です。24時間運用を想定しているため、より故障が少ないQNAPを選定しました。
また、QNAPはディスク増設が容易で、導入時に将来想定されるデータ増加を考慮する必要がないと伺いました。
必要な時に必要な分だけディスク容量を増やせることは大きなポイントでした。

三栄ハイテックスをパートナーに選定した理由

浜松市内に所在しており、機器故障時に大手メーカーと同様の迅速な対応が受けられることです。

導入後の効果

スピードも変わりなく、Windowsサーバーで運用していたシステムがNASで構築できたことではないかと思います。
使い勝手は従来と変わりありません。変化が何もないことが良かったことです。
また、機器選定の部分で、経済的なメリットが受けられました。
今後、ファイルサーバーの導入という面で選択肢が増えると思います。

ご契約内容

スピードも変わりなく、Windowsサーバーで運用していたシステムがNASで構築できたことではないかと思います。
使い勝手は従来と変わりありません。変化が何もないことが良かったことです。
また、機器選定の部分で、経済的なメリットが受けられました。
今後、ファイルサーバーの導入という面で選択肢が増えると思います。
 
商品 TS-451U * 2台
保守内容 5年オンサイト保守
その他 初期セットアップ、ラッキング(設置)
※保守サービスのご案内はこちら

お気軽にお問合せください。

自社に合う製品が分からない、導入についての効果が知りたい…専任のスタッフがあなたの疑問にお答えします。
お問合せはこちら資料ダウンロードはこちら
お電話でのお問合せ053-465-1555
受付時間 : 平日9時~12時、13時~17時
担当 : 松下 一彦、鈴木 道尋