ホームソリューションALL FLASH STORAGEのご提案

ALL FLASH STORAGEのご提案

  • googleplus
仮想環境基盤で利用するストレージや、ビッグデータ処理に耐えうるストレージとして、オールフラッシュストレージが注目されています。
QNAPなら独自のWrite Coalescing(書き込み結合)アルゴリズムを採用してZFSにおけるオールフラッシュパフォーマンスを最大限に発揮します!

利点

​可動部品を利用しないため、発熱、使用電力、保守の必要性が抑えられます。
低いレイテンシーと高いIOPSを実現し、HDDより10倍以上の高速化を実現しています。
高パフォーマンスに見合う高速ネットワーク拡張インターフェイスカード(40GbE QSFP+)を搭載する事で、ストレスなくデータの読み書きが可能です。

なぜ、QNAP?

安価、高性能、大容量のNAS
  • エンタープライズモデル+高性能SSD
    • 高速CPUと最大メモリ128GB搭載可能なエンタープライズモデルに、Micron社のエンタープライズクラスのSSDを搭載しています。
  • EDAツールのストレージに適した高速インターフェース
    • 標準で10GbE(SFP+)カードを搭載しています。オプションで40GbE(QSFP+)の高速ネットワーク拡張インターフェイスカードを搭載する事も可能です。

特徴機能

ストレージの最適化

  • QES(QNAP Enterprise NAS System)オペレーティングシステムを採用
    • OSカーネルをFreeBSD、ファイルシステムはZFSを基盤としたシステム
    • 独自のWrite Coalescing(書き込み結合)アルゴリズムを採用してオールフラッシュに最適化

重複排除・インライン圧縮

  • ランダムI/Oに優れたオールフラッシュストレージ
  • データベース、オンライントランザクション処理、仮想デスクトップ(DVI)に有利
  • VDIでは仮想デスクトップ全体でOSイメージとアプリケーションのデータが90%も重複することも。

強力な障害復旧

  • スナップショット
    • iSCSI LUNと共有フォルダーのスナップショットを最大65,536枚撮影
    • VMWare vCenter Site Recovery(SRM)完全対応、SRAを提供
  • スナップショットのリモートバックアップ
    • 5分毎の短い間隔でスナップショットをリモートバックアップ可能
    • 重複排除と圧縮を利用して転送データ量を大幅削減

ニーズに合致

  • フォルダクオーター
    • 共有フォルダのクオーター機能(データ使用量制限)
  • ポートトランキング
    • 複数のLANインターフェイスを結合して帯域幅を増強
    • 複数クライアントのからのアクセス負荷を分散
  • 豊富な拡張インターフェイスカード
    • 10GbE SFP+、10GBase-T、40GbE QSFP+、USB3.1Gen2(10GBps)

保守サービス

当社では以下の保守サービスをご案内しています。
  • 5年間メーカー保証
  • 5年間先出センドバック保守
  • 5年間平日オンサイト保守
  • 5年間24時間365日オンサイト保守
※書き込み可能量(TBW)を超過したSSDは保守対象外です。

オールフラッシュストレージ推奨構成

  TES-3085U-D1548-32GR TES-1885U-D1531-16GR
SSD Micron 5200PRO SATA SSD 1.9TB x24 Micron 5200PRO SATA SSD 1.9TB x12
メモリ 32GB RDIMM DDR4 ECC(最大128GB) 16GB RDIMM DDR4 ECC(最大128GB)
ネットワーク 1GbE(RJ45) x4、10GbE(SFP+) x2 1GbE(RJ45) x4、10GbE(SFP+) x2
物理容量 45.6TB 22.8TB
保守 5年デリバリ保守 5年デリバリ保守
ご提供価格 ¥3,368,600 ¥2,018,800

※SSD、増設メモリ、高速ネットワーク拡張インターフェイスカード(40GbE)の追加などのご要望がございましたら下欄のお問い合わせよりご依頼ください。
※ご提供価格は2019/06現在の価格となります。

関連製品

お気軽にお問合せください。

自社に合う製品が分からない、導入についての効果が知りたい…専任のスタッフがあなたの疑問にお答えします。
お問合せはこちら資料ダウンロードはこちら
お電話でのお問合せ053-465-1555
受付時間 : 平日9時~12時、13時~17時
担当 : 松下 一彦、鈴木 道尋