ホームソリューション映像管理システム「NEXCAM」

映像管理システム「NEXCAM」

  • googleplus
独自の方式特許で映像データを取得。
一般的なNVRシステムと比較し1/10の容量を実現する映像管理システムです。
導入コスト・ランニングコストを抑え、運用も簡単!
一般的なネットワークビデオレコーダーシステムは、カメラからのデータを一方的に受信します。データ量が重く、インターネット閲覧には不向きであるという問題があります。
保存するハードディスク容量により、長期間の保存が難しく、長時間の録画には複数のレコーダーが必要でした。
閲覧するためには、画質やフレーム数を大幅に落とす必要があり、画像圧縮により画像が不明瞭で見づらい、という難点もありました。

たとえば・・・こんな問題ありませんか?

  • 保存データが増え続けるので、長期間の保存ができない
  • データが大きいため、読み込みに時間がかかる。フリーズする。
  • ネットワーク通信料が高額になる。
  • 設置に手間がかかる
  • 閲覧できる端末に制限がある。

NEXCAMは、重い「動画」で保存をしません。独自の方式特許「フリップ・ブック方式」により、映像を「写真」で保存します。

「写真」を連続して表示するので、少ない保存容量での運用が可能です。

  1. Nexserverからの画像要求により、確実な画像取得ができます。
  2. NEXCAMでは、映像は動画変換し圧縮保存されます。
  3. 写真保存のためデータ容量が大変少なく、スムーズな再生が可能。映像はとてもきれいです。
このようなご要望をお持ちの方にもおすすめします。

  • インターネット回線の新規設置が不可能
  • 短期間のシステム利用をしたい
  • 複数のカメラを一括管理したい
  • 既存のカメラを流用したい

NEXCAM4つのポイント

  1. 独自の方式特許で映像の取得方法が違うから、データ容量に伴う従来の問題を解決
  2. NEXアーカイブにより、低容量・高画質の映像データが保存可能
  3. NEXCAMあたり最大100台のネットワークカメラを管理可能
  4. ユーザー認証・端末認証により、閲覧を制限でき、高セキュリティを実現

一般的なNVRと比較し、1/10の保存容量を実現できる理由

一般的なNVRシステムで起こる問題

  • カメラから常に動画が送られてくるため、トラフィックが混乱する
  • 動画ファイルはデータ量が膨大なので、長時間録画をする場合には複数のレコーダーが必要となる

NEXCAMなら、サーバー主導型で静止画を取得するからトラフィックが安定

  • サーバー手動で静止画を取得するので、トラフィックが安定
  • 24時間経過していない画像をreliveとして保存
  • 10分ごとに高画質動画(H.264)に変換し、archiveとして保存

NEXアーカイブ

静止画方式
NEXCAMは、カメラから取得した画像を1枚ずつJPEG形式で保存します。10分ごとにJPEGファイルをH.264に変換(NEXアーカイブ)します。

H.264は、高画質な映像を低容量で保存できます。

これにより、保存容量を一般的なNVRシステムの1/10に抑えることが可能となりました。
動画方式
NEXCAMは、カメラからの映像を動画で取得することも可能です。

取得した動画は、フリップ・ブック方式の閲覧用としてJPEG画像に変換。静止画方式と同様のスムーズな再生を提供します。

アーカイブ用として、10分ごとに動画の2次変換(NEXアーカイブ)を行います。
10分ごとにアーカイブ用に2次変換し、小容量で高画質動画を保存します。
これにより、一般的なNVRシステムと比較し、1/5の容量での保存を実現します。

安定したトラフィックで、複数デバイスによる同時アクセス可能。モバイルでの閲覧も実現

一般的なNVRシステムで起こる問題

  • 動画データは重いので、インターネットの閲覧には不向き
  • 閲覧するためには、画質やフレーム数を大幅に落とす必要がある

NEXCAMなら、静止画で保存するのでモバイルでも閲覧可能

  • 静止画を動画のように表示するので、3G回線での閲覧も可能
  • ストリーミング画像ではないため、再生中の回線中断が起きても、フリーズすることなく復旧可能

最大100台のカメラを接続可能

低トラフィックでの運用が可能なNEXCAMなら、サーバー1台で最大100台のカメラを接続可能です。

導入コストを抑えることができます。

セキュリティに配慮したユーザー認証・端末認証

利用者権限により、閲覧を制限することが可能です。
ユーザーIDに権限を付与することで、役割に応じた閲覧を実現します。

また、端末(デバイス)認証機能により、認証されたデバイス以外からの閲覧を拒否することで、高セキュリティを実現します。

センサー機器のデータも保存可能

NEXCAMは、さまざまなセンサー機器のデータも一緒にモニタリングできます。

温度湿度計や日照量を計測する農業分野など、あらゆる分野において各種検査機器との連動で成果を上げています。

たとえば、騒音振動計との連動ではカメラの映像と計測値を同時に表示することで作業と騒音・振動との関係を瞬時に確認可能です。

温湿度計との連動

農業分野や食品工場などあらゆる分野で必要とされる温室時計のデータもNEXCAMで保存できます。
農作物の生育状況を確認することで、生産性の高い環境作りに役立ちます。

騒音振動計との連動

騒音振動計の数値をカメラの映像内に表示することで、実際の作業内容と発生した騒音や振動との関係を確認できます。

Nex Viewerの特徴

NEX Viewerは、映像データを再生するアプリケーションです。

WindowsPC、iPhone、iPad、Androidの4デバイス用にアプリケーションを用意しています。

お気軽にお問合せください。

自社に合う製品が分からない、導入についての効果が知りたい…専任のスタッフがあなたの疑問にお答えします。
お問合せはこちら資料ダウンロードはこちら
お電話でのお問合せ053-465-1555
受付時間 : 平日9時~12時、13時~17時
担当 : 松下 一彦、鈴木 道尋