ホームソリューションオプティカルディスク・アーカイブ(ODA:Optical Disc Archive)

オプティカルディスク・アーカイブ(ODA:Optical Disc Archive)

  • googleplus
注目の新しいアーカイブ・ストレージ「Optical Disc Archive」
長期保存データの課題を解決します
オプティカルディスク・アーカイブ(ODA:Optical Disc Archive)は、重要なデータを安全に保存する新しいアーカイブ・ストレージとして注目を浴びています。削除する事が難しい長期保存データの課題を解決します。

デジタルデータ保存における4つの課題

削除する事のできないデータを長期保存するにあたり、4つの課題に直面します。
大容量化

コールドデータの増加
放送・配信の4K映像
ビッグデータ解析、IoT

保存長期化

法規制・将来活用に向け「バックアップ」から「アーカイブ」へ

コスト

イニシャルコスト
ランニングコスト(空調、電力)
大量のデータ移行(マイグレーション)
総所有コスト (TCO(Total Cost of Ownership))

セキュリティ

データ改ざん
データ消失
訴訟対策

大量データの長期保存ニーズや規制強化が進む中、管理課題の解決が求められています

オプティカルディスク・アーカイブの特長と優位性

データの長期アーカイブに求められる要件において、オプティカルディスク・アーカイブは研究データを大量に保存するだけではなく、一般的なオフィス環境でも長期保存が可能な保存性に優れたストレージです。

※2019年10月三栄ハイテックス調べ
  ODA光ディスク LTO HDD フラッシュメモリ
メディアアクセス ランダム 順次 ランダム ランダム
メディア寿命 100年 7年~10年 3年~5年 3年~5年
耐久性(結露、浸水、津波) あり なし なし なし
耐久性(磁気、静電気) あり なし なし なし
耐久性(動作温度) +5℃~+55℃ +16℃~+32℃ +5℃~+35℃ 0℃~+35℃
耐久性(動作湿度) 3%~90% 20%~80% 20%~80% 10%~90%

ライトワンスディスクによるセキュアなデータ保存

熱分解記録方式による物理的にデータ書き換えができない真のライトワンスを実現。データの改ざん・誤消去を防止しセキュアにデータを保存できます。 

TCO (Total Cost of Ownership)における優位性

長期アーカイブにかかる総コストは、最初のメディアコストだけではなく、それらを長期に保存する為の人件費や維持費も大きな要因となります。光ディスク技術は、30年前に開発されたCDが現在のドライブでも再生できるように、将来の再生互換性を確保できる唯一の技術です。更に、メディアも100年以上という長期保存性に優れているため、数年ごとに最新のメディアにデータをコピーするメディアマイグレーション作業が必要ありません。オリジナルメディアのまま長期保存が可能な為、結果としてコピーに要するメディアコスト、人件費などが不要となり、TCOを抑えることが可能です。

オプティカルディスク・アーカイブのメリット

長寿命

  • 業務用次世代光ディスク規格「アーカイバル・ディスク」を採用
  • ISO16963に基づいた加速試験による保存寿命100年以上

高堅牢性

  • 温湿度変化に強い
  • 水漏れ、紫外線など外的影響に強い
  • 読みだし回数100万回以上使用可能なメディア

高速転送

  • 平均転送速度(読み出し)375MB/s(3Gbps)を実現
  • 業界初8チャンネル光学ドライブを開発
  • On-the-Flyベリファイ記録機能を標準搭載

ランダムアクセス性

  • ファイル単位の高速アクセスを実現
  • レーザーによる非接触読み書き
  • メディア出し入れを含めたストレスの大幅軽減

低TCO

  • TCO(Total Cost of Ownership)大幅削減の実現
  • 最大2.9PBの大容量データをわずか約400Wの消費電力で管理(ライブラリ運用時)
  • 後方互換性によりデータ移行不要(マイグレーション不要)

主な利用用途

IoT/AI解析

製造ライン情報
静止画像

自動運転

動画・静止画

研究開発

ゲノム解析
シーケンサー

セキュリティ

法定記録保管
データ改ざん防止

導入事例

  • 半導体工場の設計データ、品質データ、測定データ
  • 3D CAD、設計データのアーカイブ
  • 工場のライン監視映像の保管
  • 医療の術野映像の記録、保管

関連製品

サポートプログラムのご紹介

オプティカルディスク・アーカイブ(ODA:Optical Disk Archive)商品には、通常製品保証に加え、万が一のトラブルに備える有償サポートプログラムをご用意しています。

コールセンターサポート(弊社営業日 9:30~18:00)

  • 障害発生時、障害切り分けや回避方法のサポート
  • 機器操作方法など、技術的内容のご相談

オンサイトサポート(弊社営業日 9:30~18:00)

  • 製品本体故障時、最短翌営業日の現地修理対応
  • 現地対応が不可能な場合、引き取り修理対応

代替え機貸し出しサービス

  • 代替え機の優先貸し出しサービス
  • センドバックによる貸し出し対応

リペアサービス

  • メーカー保証で規定されている内容の機器修理を実施
  • 修理に伴う交換備品費および交換技術料の免除

サポートプログラムのご契約期間

通常製品保証は納品日から1年付属しています。
サポートプログラムにつきましては、1年、3年、5年をご用意しています。

お気軽にお問合せください。

自社に合う製品が分からない、導入についての効果が知りたい…専任のスタッフがあなたの疑問にお答えします。
お問合せはこちら資料ダウンロードはこちら
お電話でのお問合せ053-465-1555
受付時間 : 平日9時~12時、13時~17時
担当 : 松下 一彦、鈴木 道尋