ホーム技術情報2018年3月Redmineのインストール方法

Redmineのインストール方法

2018年3月20日
  • googleplus
QNAPに「Redmine」をインストールする方法を説明します。
手順はとても簡単です。

プロジェクト管理に困っていませんか?
運用に限界を感じている方へ


こんなことありませんか?
 
  • プロジェクト進行中にスケジュール変更が入った。ガントチャートの修正が大変。
  • タスクの関連付けができない。タスク同士の関係性が分からない。
  • メトリクスをつけたいが、集計も面倒。見積と実績の差分が分かりづらい。
  • 情報の発信源が分からない。内容の確認に時間がかかる。
  • 環境によってファイルが見られない。
  • 情報がリアルタイムで共有できない。情報を更新したら、メンバーにメール通知したい。
  • 簡単にプロジェクトマネージメントツールを使いたい。
プロジェクトは常に動き続けます。プロジェクトに関わるメンバーが増えるほど情報共有が難しくなります。

Redmineを使うことで
プロジェクトが簡単に作成できます。子プロジェクトのネストも簡単。
…スケジューリングが容易となり
...メトリクスもつけられ、
...情報共有も簡単。
...Webブラウザさえあれば、いつでもどこでも「現在の情報」が共有可能となります。

プロジェクト改善の助けとなるはずです。

動作確認環境

製品: TS453Pro
バージョン: QTS 4.2.1 Build 20160601

概要

使用するDBを指定しない場合は、GUI画面上の操作のみでインストールが完了します。
特定のDBを指定したい場合には、コマンドラインからインストールを行います。
 
  GUI CUI
データベース PostgreSQL固定 選択可能
Webサーバー nginx固定 選択可能
Redmine-Gitlab連携 設定不可 設定可能(※1)
Redmine-メール連携 設定不可 設定可能(※2)
※1 RedmineとGitlabの連携をしたい場合は、RedmineとGitlabを連携する方法 > をご参照ください。
※2 Redmineとメールの連携をしたい場合は、Redmineにメールを設定する方法 > をご参照ください。
今回は、データベースをMySQL、Webサーバーをnginxを使用します。

インストールは以下の流れで進めます。
  1. Container Stationのインストール(事前準備)
  2. Redmineのインストール

では、早速インストールしてみましょう。

事前準備

Container Station のインストール

手順

Redmineのインストール方法は、以下の2パターンがあります。

  • GUI画面上からマウスで操作する方法
  • CUI画面上からコマンドで操作する方法

この記事では、Redmineをインストールし、リモートPCのWebブラウザにRedmineのトップページを表示させます。
GUI、CUIそれぞれのインストール方法を説明します。

【GUI】Container StationにRedmineをインストール

Container Stationが提供しているRedmineコンテナをインストールします。
  1. Container Station を起動
  2. 左メニュー:管理 > 概要 > コンテナの作成 をクリック
  3. Redmine > [インストール] ボタンをクリック
  4. [作成] ボタンをクリック

    バックグラウンド処理の完了を待つ

【CUI】Container StationにRedmineをインストール

Redmine、MySQLのコンテナをコマンドラインからインストールします。

各入力値の説明は以下のとおりです。
 
引数 概要 GUIインストール時のデフォルト値
MySQL Name MySQLコンテナ名 指定 なし(GUIではPostgreSQL)
Redmine Name Redmineコンテナ名 指定 redmine1_redmine_1
Redmine  HTTP Port No Redmineをブラウザーで表示するときのポート番号 10083
Redmine DB Name Redmine用DB名 redmine_production
Redmine DB Root Pwd Redmine用DBのrootユーザーのパスワード なし(GUIではアカウント名redmine、パスワードなし)
※補足※
今回の例では、Redmine本体イメージはContainer Stationからインストールした場合と同じsameersbn/redmineを使用しています。
上記以外の設定を追加したい場合、PostgreSQLをコマンドラインからインストールしたい場合等は下記リンクを確認してください。
Docker hub (Sameersbn/redmine) 

Docker officialのイメージを使う場合は下記リンクを参考にしてください。
デフォルトのWebサーバとしてWEBrickを使用しているので、nginx等を使いたい場合は変更する必要があります。(sameersbn/redmineはnginxがデフォルト)
Docker hub (Official redmine) 
  1. リモートPCのターミナルから、adminアカウントでログイン
    リモートPCからSSH接続する手順> をご覧ください。
  2. Redmineで使用するMySQLをインストール
    以下のコマンドを入力します。
    $ docker run -d --name <MySQL Name>
    -e MYSQL_ROOT_PASSWORD=<DB Root Pwd>
    -e MYSQL_DATABASE=<DB Name>
    mysql:latest --character-set-server=utf8 --collation-server=utf8_general_ci
    --skip-character-set-client-handshake
  3. Redmine本体をインストール
    以下のコマンドを入力します。
    $ docker run -d -p <Port No>:80 --name <Redmine Name>
    -e DB_NAME=<DB Name> -e DB_PASS=<DB Root Pwd>
    --link <MySQL Name>:mysql sameersbn/redmine:latest

【GUI・CUI】インストール完了確認

インストールできたことを確認

この手順はGUI/CUIで共通です。
  1. Container Stationを開く
  2. Redmineのコンテナを開く
  3. Container Station左側にRedminとDatabase(GUIはPostgreSQL、CUIはMySQL)が表示されることを確認
  4. Redmineのコンテナをクリック
    (GUI画面でインストールした場合のコンテナ名「redmine1_redmine_1」 / CUI画面でインストールした場合は指定したコンテナ名)
  5. URLをクリック(またはブラウザにURLを入力)
  6. ブラウザ上にRedmineのTopページが表示されることを確認

インストールが完了できたことを確認できました。
初期アカウントはユーザ名:admin、パスワード:adminが設定されています。

お気軽にお問合せください。

自社に合う製品が分からない、導入についての効果が知りたい…専任のスタッフがあなたの疑問にお答えします。
お問合せはこちら資料ダウンロードはこちら
お電話でのお問合せ053-465-1555
受付時間 : 平日9時~12時、13時~17時
担当 : 松下 一彦、鈴木 道尋

タグ

最近の記事

アーカイブ