ホーム技術情報2018年3月ディスクの拡張、RAIDアレイの移行をする方法

ディスクの拡張、RAIDアレイの移行をする方法

2018年3月20日
  • googleplus
ディスク容量の見積もりは難しいものです。

多過ぎれば無駄ですし、少なければ増設しなければなりません。
増設の度にファイルサーバーを停止しなければならないとしたら、管理者も憂鬱でしょう。

エンタープライズクラスのNASはオンラインのまま(使用者はNAS上のExcelファイル等を開いて使っている状態のまま)、ディスク容量を増やすことが可能です。

勿論、QNAP Turbo NASも可能です。

RAID1からRAID5へ

  1. ストレージマネージャを開きます。
  2. 左ナビゲーション:ストレージ領域 を選択します。
  3. ストレージプール1を選択します。
    [管理] ボタンをクリックします。
  4. ここでは、1TB×2のRAID1アレイが作成済みです。
    このアレイにディスクを追加してRAID5にしてみます。
  5. [管理] ボタンをクリックします。
    プルダウンメニューから「移行」を選択します。
  6. 増設に使いたいディスクを選択します。
  7. [適用] ボタンをクリックします。RAID1からRAID5への移行が始まります。

1TBのHDDを2TBへ

  1. ストレージマネージャを開きます。
  2. 左ナビゲーション:ストレージ領域 を選択します。
  3. ストレージプール1を選択します。
    [管理] ボタンをクリックします。
  4. 先程の1TB×2に2TB×2を加えてRAID5に移行したアレイが見えています。
  5. 「管理」ボタンをクリックます。
    プルダウンメニューから「容量の拡張」を選択します。
  6. サイズを増やしたいディスク(ここでは1TBのディスク)を選択します。
    [変更] ボタンをクリックします。

  7. 「このドライブを取り外して下さい」のメッセージが表示されたら、ドライブを間違えないよう注意してTurbo NASから取り外します。
  8. しばらくすると「新しいドライブを挿入してください」と表示されます。
    新しい(ここでは2TBのHDD)を挿入します。
  9. Turbo NASが新しいHDDを検出し、再構築が始まります。
  10. 「RAIDグループの拡張」ウィンドウは、閉じてもバックグラウンドで再構築が行われます。
  11. 再構築完了後、残る1つの1TB HDDも2TB HDDへ入れ替えれば、容量の拡張は完了です。

ボリューム拡張

必要に応じて、新しいボリュームの作成や、既存ボリュームの拡張を行います。
ここでは既存ボリュームの拡張を行ってみます。
  1. ストレージマネージャを開きます。
  2. 左ナビゲーション:ストレージ領域 を選択します。
    (先の手順とは異なり)ストレージプールではなくボリューム(ここではDataVol1)を選択します。
    [管理] ボタンをクリックします。
  3. [ボリュームの拡張] ボタンをクリックします。

  4. 拡張したいサイズを入力します。
    [適用] ボタンをクリックします。
  5. 拡張が始まります。拡張は再構築ほどは時間は掛かりません。
  6. 「DataVol1」ウィンドウは、閉じてもバックグラウンドで拡張が行われます。

    このように、QNAP Turbo NASは「小さく始めて大きく拡げる」ことが可能となっています。

お気軽にお問合せください。

自社に合う製品が分からない、導入についての効果が知りたい…専任のスタッフがあなたの疑問にお答えします。
お問合せはこちら資料ダウンロードはこちら
お電話でのお問合せ053-465-1555
受付時間 : 平日9時~12時、13時~17時
担当 : 松下 一彦、鈴木 道尋

タグ

最近の記事

アーカイブ