ホーム技術情報2018年3月ESXiからVirtualization Stationに移行する方法

ESXiからVirtualization Stationに移行する方法

2018年3月21日
  • googleplus
QNAP Turbo NASの仮想マシン環境、Virtualization Stationは、他の仮想マシン環境からのインポートが可能となっています。

オープン仮想化フォーマット であるOVF/OVA形式にエクスポートされた仮想マシンイメージであればインポートできるのは勿論、VMware社のESXiで使用されているVMX形式もインポートが可能です。

ESXi 6.0からインポートしてみます。

要点

「ESXiのデータストアから*.vmxと*.vmdkをTurbo NASへ移し、QTSでインポートする」です。

ESXiで行うこと

データストアにTurbo NASをNFSで追加

  1. 「新しいデータストア」をクリックします。

    ※何らかの理由でNFSマウントできない場合でも、一旦PCにESXiからファイルをダウンロードし、Turbo NASの共有にアップロードすることでも可能です。
  2. 「NFSデータストアのマウント」を選択します。
    [次へ] ボタンをクリックします。
  3. Turbo NASの情報を入力します。
    [次へ] ボタンをクリックします。
    ※NFSシェアに入力する共有では、NFSアクセスを有効にしておきます。
  4. NFSデータストアが追加されました。

  5. データストアブラウザを開きます。
  6. 移行したい仮想マシンのフォルダを選択します。
    「移動」を選択します。
  7. 移動先のTurbo NAS NFSデータストアを選択します。
    [移動] ボタンをクリックします。
  8. 移動が完了するまで待ちます。

Turbo NASで行うこと

  1. Virtualization Stationを起動します。
    左メニューから「エクスポートとインポート」を選択します。
    「NASから」にチェックします。
    [ブラウズ] ボタンをクリックします。
  2. 先の手順で移動した*.vmxを選択します。
    [次へ] ボタンをクリックして進みます。
  3. そのままの設定でインポートします。(移行のトラブルを減らすため)
  4. インポート(変換)が始まるので少し待ちます。
  5. インポートが完了すると下記画面が表示されます。
  6. VMコンソールを開くと、ESXi 6.0で作成した仮想マシンが、Turbo NASのVirtualization Stationで無事起動しました。
  7. 起動が確認できたら、必要に応じてCPU数、メモリサイズ等を変更します。
  8. 移行が終わると、仮想マシンフォルダに*.imgファイルが作成されています。
    同フォルダにあるESXi用のファイルは、Virtualization Stationでの動作確認が済めば不要ですので、*.imgを除いて削除しておきましょう。
  9. 移行するとMACアドレスが変わりますので、ネットワークの再設定が必要になります。
同じ手順でWindowsの移行を行うことも可能です。
WindowsをESXiから移行した場合、VMware ToolsはVitrualization Station(KVM)には不要ですのでアンインストールし、Virtualization StationからVMドライバをインストールしておきます。

お気軽にお問合せください。

自社に合う製品が分からない、導入についての効果が知りたい…専任のスタッフがあなたの疑問にお答えします。
お問合せはこちら資料ダウンロードはこちら
お電話でのお問合せ053-465-1555
受付時間 : 平日9時~12時、13時~17時
担当 : 松下 一彦、鈴木 道尋

タグ

最近の記事

アーカイブ