ホーム技術情報2018年3月ファームウェアを手動でアップデートする方法

ファームウェアを手動でアップデートする方法

2018年3月21日
  • googleplus
QNAPでは、ファームウェアのアップデート通知が自動で行われます。

社内サーバなど外部への通信を遮断をしている場合、QNAP社のHPから最新のファームウェアをダウンロードして手動インストールする必要があります。

ファームウェアをダウンロードする

  1. QNAPのオフシャルHPのダウンロードセンターにアクセスをします。
  2. リストボックスから、お使いのドライブ、機種を選択します。
  3. 個別ページを表示します。

  4. 最新のファームウェアをダウンロードします。
  5. 圧縮ファイルを解凍します。今回は、4.1.4にアップデートします。

ファームウェアを更新する

  1. QFinderからWEBブラウザ経由でQNAPにアクセスをします。

  2. コントロールパネルを表示します。
  3. [ファームウェア更新] アイコンを選択します。
    ファームウェア更新画面が表示されます。

  4. 「ファームウェア更新」タブを選択します。
  5. [参照] ボタンをクリックします。先ほどダウンロードし解凍をしたファームウェアを選択します。

  6. [システムの更新] ボタンをクリックします。
    確認ダイアログが表示されます。

  7. [OK] ボタンをクリックします。
  8. ファームウェアの更新が開始されます。

  9. 更新終了ダイアログが表示されます。

  10. [OK] ボタンをクリックします。
    QNAPが再起動します。
  11. 再起動したら、QFinderからWEBブラウザ経由でQNAPにアクセスをします。
  12. 画面右上メニュー:admin > バージョン情報 を選択します。
  13. バージョンを確認します。
    アップデートしていれば、成功です。

タグ

最近の記事

アーカイブ