ホーム技術情報2018年3月iSCSIのストレージとして使う方法

iSCSIのストレージとして使う方法

2018年3月21日
  • googleplus
QNAPのNASの特徴として、エントリーモデルでもiSCSIデバイスとして使うことができます。
今回は、QNAP側の設定を紹介いたします。

iSCSIの設定をする

  1. コントロールパネルを選択します。
  2. ストレージマネージャーを選択します。

     
  3. 左側ナビゲーションからiSCSIストレージを選択します。

  4. クイックコンフィギュレーションウィザードを利用してセットアップします。
    ダイアログにて[OK] ボタンをクリックします。
  5. ジョブの作成をします。
    LUNがマッピングされているiSCSIターゲットを選択します。
    [次へ] ボタンをクリックします。
  6. [次へ] ボタンをクリックします。
  7. ターゲット名を入力します。
    分かりやすい名前をつけることをオススメいたします。
    ターゲットエイリアスはターゲット名が自動的に入力されます。
  8. CHAP認証は、iSCSIターゲットがLANにある場合や、他のマシンよりマウントされたくない場合は、設定してください。
    iSCSIデバイスとしてマシンに直接マウントする場合(LANケーブルで直結)をする場合は、特に設定をしなくても問題ありません。
    [次へ] ボタンをクリックします。
  9. iSCSIのLUNタイプを選択します。
    今回は、Volume1上に作成をしますので、リストボックスからVolume1を選択します。
    [次へ] ボタンをクリックします。


  10. iSCSの容量を設定します。
    容量の設定をします。赤のラインを超えるとQNAPからHDDの残容量で警告がでますので、最大容量で使いたい場合は、HDD残容量警告の閾値の変更をしてください。
    [次へ] ボタンをクリックします。

  11. 設定の確認画面が表示されます。
    内容に問題ないかを確認します。
    [次へ] ボタンをクリックします。

  12. 設定が完了です。
    [完了] ボタンをクリックします。
iSCSIターゲットが追加されればOKです。
接続先でiSCSIのイニシエーターの設定をして接続を試みてください。なお、イニシエータの設定は、CentOS7、Windows7での設定例を近日公開予定です。


タグ

最近の記事

アーカイブ