ホーム技術情報2018年3月Virtualization Stationに仮想マシンを作成する方法

Virtualization Stationに仮想マシンを作成する方法

2018年3月21日
  • googleplus
今回は、仮想マシンを作成し、CentOS7をインストールしてみます。

VM (Virtual Machine/仮想マシン) のインストール

  1. Virtualization Station を起動します。
  2. 左ナビゲーションから「VMの作成」をクリックします。
  3. 作成したい仮想マシンの設定がテンプレートにあれば、そのテンプレートの[作成] ボタンをクリックします。
    無ければ[カスタムVMの作成] ボタンをクリックします。

  4. 必要な項目を埋めます。
  5. [作成] ボタンをクリックします。仮想マシンが1台作成されます。
    仮想マシンのインストール時に使用するCDイメージは、事前にISOファイルとしてQNAPの共有フォルダへコピーしておく必要があります。

  6. [スタート] ボタンをクリックします。
    作成された仮想マシンはまだ電源オフの状態ですので、電源オンにします。

    仮想マシンの電源がオンになると、[コンソール] ボタンがクリックできるようになります。
  7. [コンソール] ボタンをクリックします。


  8. 仮想マシンの画面を見ることができますので、インストールを進めます。
以上、QNAP Turbo NASで仮想マシンを使用する方法でした。

ちなみに、仮想マシンの設定でTurbo NASのハードウェア(CPUコア/メモリ)以上の仮想マシンを設定することは可能ですが、起動には制限が掛かります。

CPUコア数は、起動する仮想マシンに割り当てた合計がQNAP本体の搭載しているコア数を超えても仮想マシンを起動できますが、その分性能が落ちます。

メモリは、起動する仮想マシンのメモリ合計がQNAPの搭載しているメモリを超える場合、下記エラーが表示されて起動できませんのでご注意下さい。
「システムメモリはこの仮想マシンを起動するのに十分ではありません。」

タグ

最近の記事

アーカイブ