ホーム技術情報2018年3月DHCPが使えない環境でのQNAPセットアップ方法

DHCPが使えない環境でのQNAPセットアップ方法

2018年3月21日
  • googleplus
QNAPのセットアップ時、DHCPサーバが存在しない場合や、固定IPの環境で使用する場合、以下の手順でセットアップを行ってIPアドレスを設定してください。

QNAPとPCをLANケーブルで直接接続をする

QNAPに付属されているLANケーブルを使い、PC側とQNAP側を直接接続します。

PC

PCのIPアドレスを固定IPに設定する

  1. コントロールパネルを表示します。
  2. ネットワークとインターネットを選択します。
  3. 「ネットワークと共有センター」左メニューの「アダプターの設定変更」を選択します。
  4. 「ローカルエリア接続」をダブルクリックします。
  5. [プロパティ] ボタンをクリックします。
  6. 「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」を選択します。
  7. [プロパティ] ボタンをクリックします。

  8. 「次のIPアドレスを使う」のラジオボタンを選択します。
    IPアドレスの入力が可能になります。

  9. 以下のとおり入力します。
    IPアドレス: 169.254.100.101
    サブネットマスク: 255.255.255.0
  10. [OK] ボタンをクリックします。

QNAP

QfinderでQNAPを検索

  1. QfinderでQNAPを検索します。
    169.254.100.100のIPアドレスで見つかります。
  2. Name、またはIPアドレスをクリックします。WEBブラウザが自動的に立ち上がります。
  3. ログイン画面が表示されます。ログインをしてセットアップを開始してください。

固定IPを設定する

  1. コントロールパネルを選択します。
  2. ネットワークを選択します。

     
  3. 固定IPアドレスを入力します。
  4. [適用] ボタンをクリックします。

これで固定IPの設定ができました。目的のサブネットにQNAPを設置してください。

タグ

最近の記事

アーカイブ