ホーム技術情報2018年3月Virtualization Station(仮想マシン)を使用する方法

Virtualization Station(仮想マシン)を使用する方法

2018年3月21日
  • googleplus
QNAP Turbo NASは、NASを名乗りながらも、仮想マシンを実行可能なLinuxマシンでもあります。

ここでは、Turbo NASで仮想マシンを実行する為に必要な「Virtualization Station」をインストールし、実際に仮想マシンを起動させる方法をご紹介します。

対応機種

QNAP社公式サイトにある通り、下記を満たす機種で利用可能です。
  • QTS(ファームウェア)4.1以降
  • Intel VT-xテクノロジーに対応したCPUを搭載
  • 2GB以上のメモリ
お使いの、またはご購入予定のTrubo NASで仮想マシンを実行可能か、下記サイトでご確認いただけます。

QNAP - Virtualization Station

ご用意頂くもの

  • 上記サイトに記載のある、Virtualization Stationに対応したTurbo NAS
  • インターネット接続
  • 設定用のパソコン
HDMI出力を持ったTurbo NASであれば設定用のパソコンすら不要なのですが、ここではPCから設定します。

Virtualization Stationのインストール

  1. 設定用のパソコンからQTSへログインします。
  2. 虫めがねマークの検索ボタンをクリックします。
    検索窓に「virtual」と入力すると、「Virtualization Station」がヒットします。
  3. Virtualization Stationを選択します。
    下記画面が表示されるので、[インストール] ボタンをクリックします。
  4. インストールが終わると通知されますので、少し待ちます。
  5. 新しくVirtualization Stationのアイコンが追加されていれば完了です。
    「Virtualization Station」 アイコンをクリックして起動します。


  6. 仮想スイッチについてのポップアップが表示されます。
    「今後、このメッセージを表示しない。」にチェックします。
    ポップアップを閉じます。

  7. Virtualization Stationが起動しました。

タグ

最近の記事

アーカイブ