ホーム技術情報2018年3月Virtualization Station バックアップ・リストア手順~VM編~

Virtualization Station バックアップ・リストア手順~VM編~

2018年3月21日
  • googleplus
仮想ホストのイメージをリモートのQNAPにバックアップする方法について説明します。

バックアップの際に世代管理や、スケジュールをしたい場合には、「スナップショットを利用したバックアップ」にてバックアップをしてください。

評価環境

ハードウェア構成

バックアップ元

機種名:QNAP Turbo NAS TVS-882
CPU:Intel®Core™i5-6500 3.2GHz クアッドプロセッサー
MEM:16GB DDR4 RAM
HDD:4TB SATA x6台(物理容量24TB)

バックアップ先

機種名:QNAP Turbo NAS TVS-882
CPU:Intel®Core™i5-6500 3.2GHz クアッドプロセッサー
MEM:16GB DDR4 RAM
HDD:4TB SATA x6台(物理容量24TB)

ソフトウェア構成

Virtualization Station V2.2
仮想ホストOS:CentOS7
ホスト名:centos7
CPU:1CPU(1Core 割り当て)
メモリ:1GB

VMのバックアップ

バックアップ先QNAPの情報を登録

  1. centos7QNAPにブラウザ経由でadminでログイン
  2. Virtualization Station を起動
  3. 左メニューにある「VMのバックアップと復旧」をクリック
  4. [NAS説明の管理] クリック
  5. [新しいNASの説明] クリック

    ウィンドウが起動します。
  6. バックアップ先のQNAPの情報を入力

バックアップするためのタスクを作成

  1. 左メニュー:VMのバックアップと復旧 をクリック
  2. [新規タスク] クリック
  3. 「リモートバックアップ」 選択

    ここでローカルにバックアップしたい場合は「ローカルバックアップ」を選択します。
  4. [次へ] クリック
  5. バックアップに必要な情報を入力

     
    項目 設定値
    保存されているNASの選択 先ほど登録したQNAPを指定
    宛先フォルダ バックアップ先となるフォルダを選択
  6. [テスト] クリック(リモートのQNAPと通信できるかを確認する)

バックアップタスクの実行

今すぐバックアップを行いたい場合

  1. [適用] クリック(タスクを完成させます)
  2. タスクのアクション項目にある[実行] クリック
  3. ステータスが「処理中」から「終了」に変われば、バックアップは完了です。

バックアップをスケジュールしたい場合

スケジュールタスクを作成します。
  1. 「1-2-5.新規タスク」の設定時に以下の設定

    ●「スケジュール」チェックボックスにチェックを入れる。
    ●バックアップスケジュール、保存する世代数の設定を行う
  2. [適用] クリック

VMのリストア

バックアップした仮想ホストのイメージをリストアする手順です。

リストアするためのタスクを作成

  1. QNAPにブラウザ経由で、adminでログイン
  2. Virtualization Station を起動
  3. 左メニューにある「VMのバックアップと復旧」クリック
  4. [新規タスク] クリック
  5. 「リモート復旧」を選択
  6. [次へ] クリック
  7. バックアップイメージが保存してあるQNAPの情報を入力

    ソースフォルダーは、バックアップイメージが保存してあるフォルダを指定します。
  8. バックアップイメージを選択(いつバックアップしたイメージを復元するか選択)
  9. [適用] クリック

タスクを完成させます。

リストアタスクの実行

  1. タスクのアクションの項目にある[実行]クリック
  2. ステータスが「処理中」から「終了」に変わればリストアは完了です。

お気軽にお問合せください。

自社に合う製品が分からない、導入についての効果が知りたい…専任のスタッフがあなたの疑問にお答えします。
お問合せはこちら資料ダウンロードはこちら
お電話でのお問合せ053-465-1555
受付時間 : 平日9時~12時、13時~17時
担当 : 松下 一彦、鈴木 道尋

タグ

最近の記事

アーカイブ