ホーム技術情報2018年3月Virtualization Station バックアップ・リストア手順~スナップショット編~

Virtualization Station バックアップ・リストア手順~スナップショット編~

2018年3月21日
  • googleplus
スナップショットを利用したバックアップをする方法について説明します。

スナップショットを利用したバックアップには、以下の利点があります。
 
  • 世代管理ができる。
  • 容量が少なくてもできる。
  • 処理が早い。
  • スケジュールができる。

ただし、保存先はローカルディスクのみとなりますので、
リモートディスクにバックアップをしたい場合には、「VMのバックアップ」にて実行してください。

評価環境

ハードウェア構成

バックアップ元

機種名:QNAP Turbo NAS TVS-882
CPU:Intel®Core™i5-6500 3.2GHz クアッドプロセッサー
MEM:16GB DDR4 RAM
HDD:4TB SATA x6台(物理容量24TB)

バックアップ先

機種名:QNAP Turbo NAS TVS-882
CPU:Intel®Core™i5-6500 3.2GHz クアッドプロセッサー
MEM:16GB DDR4 RAM
HDD:4TB SATA x6台(物理容量24TB)

ソフトウェア構成

Virtualization Station V2.2
仮想ホストOS:CentOS7
ホスト名:centos7
CPU:1CPU(1Core 割り当て)
メモリ:1GB

スナップショットを利用したバックアップ

スナップショットを取る

  1. QNAPにブラウザ経由でadminにてログイン
  2. Virtualization Station を起動
  3. 左メニューにある「VMリスト」の中からスナップショットを取りたい仮想ホストをクリック
  4. [スナップショット] クリック

    スナップショット設定ダイアログが表示されます。
  5. スナップショットの名称項目に、任意の文字列を入力
  6. [作成] クリック

    メッセージ「スナップショットを」作成できました。」が表示されたら、完了です。
  7. 左メニュー:スナップショット をクリック
  8. 1-1-7.スナップショットが取れているか確認

スナップショットからのリストア

スナップショットからリストアする

  1. QNAPにブラウザ経由で、adminでログイン
  2. Virtualization Station を起動
  3. 左メニューにある「スナップショット」クリック
  4. リストアしたスナップショットを選択
  5. [復旧] クリック

    復旧確認ダイアログが表示されます。
  6. [OK] クリック

リストアが完了すると「Successful revert snapshot:」と表示されます。

タグ

最近の記事

アーカイブ