ホーム技術情報2018年3月「Qfile」で画像データの自動転送 ~ スマートフォンの写真をNASで管理する方法

「Qfile」で画像データの自動転送 ~ スマートフォンの写真をNASで管理する方法

2018年3月21日
  • googleplus

「Qfile」をオススメする理由

スマートフォンから自動的に画像ファイルをアップロード

仕事を進める中、さまざまなシーンでスマートフォンのカメラを使い、記録を残すことが多いと思います。

たとえば、会議などでボードを使い書きながら話を進める時など、
そのボードをスマートフォンなどで写真撮影しエビデンスを残すでしょう。

Qfileでは、画像データを自動的にQNAPへ転送します。
PCへデータを転送して、画像をアップロードする、などの煩わしい作業はなくなります。

QNAPなら無償でこのソリューションが実現できます。

データはNASに保存されます。
HDDはRAID構成となっているため、保全性も保たれます。
安心してお使いいただけます。

「Qfile」とは?

「Qfile」とは、デバイス(スマートフォンやタブレット)を使用して、NAS上のファイルを閲覧・管理することができるQNAP NAS 用の無料アプリです。

今回ご紹介する「デバイスからNASへ写真やドキュメントを直接アップロードする機能」以外にも、以下のような特徴を備えています。
  • いつでも、どこでも、QNAP NAS上のファイルへのアクセスすることができます。
  • 電子メールやSMS経由で、ダウンロードリンクや添付ファイルの形でメール送信でき、簡単にデータを共有できます。
  • デバイスから、NAS上にあるファイルの移動・コピー・名前の変更・削除を行うことができます。
  • NASからデバイスにダウンロードしておけば、インターネットに接続していなくてもファイルの読み込みが可能です。
  • デバイスからNASへ自動的にデータをアップロードできます。

「Qfile」でスマートフォンの画像データをQNAPへ自動転送をする方法

スマートフォンの写真をNASで管理する方法について紹介します。

スマートフォンに「Qfile」アプリをインストールし、スマートフォンからQNAPへの自動ファイルアップロードを行う手順です。

確認環境

QTSバージョン 4.3.3
Qfileバージョン 2.5.6.0413
スマートフォンのOS Android 6.0.1

事前準備

スマートフォンをQNAPへ接続可能なネットワーク帯域へ接続します。

手順

Qfileアプリダウンロード ~ QNAP登録

  1. Google Play または App Store から「Qfile」をインストールします。

    GooglePlayの画面
  2. インストール後、「Qfile」を起動します。
  3. アプリ起動後、画面下の[NASの追加]をタップします。
  4. 同ネットーワーク帯域にQNAPが存在する場合、QNAPの一覧が表示されます。対象をタップします。
    異なるネットワーク帯域にQNAPが存在する場合、[NASを手動で追加]をタップします。
  5. 接続先とアカウント情報を入力し、右上の[保存]ボタンをタップします。
    以下は、通信の暗号化を行うため、「SSL」のチェックをONにしています。
    例では、ADドメインのユーザーを登録していますが、ローカルユーザーでも同様に登録可能です。
  6. 前の画面で、「SSL」にチェックを入れた場合には、証明書記憶の確認が表示されることがあります。
  7. 接続が完了すると、QNAPユーザーのフォルダ一覧が表示されます。

ファイルの自動アップロード設定

  1. Qfileファイル一覧画面を表示します。
  2. 画面左上の  をタップします。
  3. 表示されたメニューから「設定」をタップします。
    設定画面が表示されます。
  4. 「フォトギャラリーから写真を自動的にアップロード」-「NAS」の「今設定する」をタップします。
  5. 特定のフォルダ内の画像をアップロードしたい場合には、「カスタム」をタップします。
  6. アップロードするローカルフォルダを選択して「確認」をタップします。
  7. アップロード先のNASをタップします。
  8. アップロード先のフォルダを指定します。
    既存のフォルダ名をタップするか、「カスタマイズ」をタップして任意フォルダを選択します。
    例では、「User Home」をタップします。
  9. 全ての写真を同階層にアップロードするか、ローカルの階層構造を維持するか選択します。
    例では、ローカルの階層を維持するため、「いいえ、サブフォルダーを自動作成します」をタップします。
  10. 今すぐアップロードを開始するかを選択します。
    例では、[はい]をタップします。
  11. ローカルからQNAPへアップロードが開始されます。

設定後の自動アップロードについて

設定後、Qfileがバックグラウンドで起動している間は自動ファイルアップロードが行われます。

お気軽にお問合せください。

自社に合う製品が分からない、導入についての効果が知りたい…専任のスタッフがあなたの疑問にお答えします。
お問合せはこちら資料ダウンロードはこちら
お電話でのお問合せ053-465-1555
受付時間 : 平日9時~12時、13時~17時
担当 : 松下 一彦、鈴木 道尋

タグ

最近の記事

アーカイブ