ホーム技術情報2018年3月ストレージプールの作成方法

ストレージプールの作成方法

2018年3月21日
  • googleplus
ストレージプールを作成する方法をご紹介します。

今回は初期セットアップ中にディスク設定を行う際、「後でディスクを設定する」にチェックをつけて、セットアップ後にストレージプールとボリュームを設定しているケースでの手順となります。
(「後でディスクを設定する」のチェックがないファームウェアをご利用の際は、一度作成したボリューム、ストレージプールを削除してから再作成できます。)

ストレージプールが既に存在している場合には、作成手順が下記とは異なります。

ストレージプールの作成

  1. QNAPにadminでログインします。
  2. コントロールパネルより「ストレージマネージャ」を選択します。
    ストレージマネージャが表示されます。
  3. [新規ストレージプール] をクリックします。
    ストーレジプールの作成ダイアログが表示されます。
  4. 利用するディスク、RAIDのタイプを選択します。
  5. [次へ] をクリックします。
  6. スナップショットの領域割合(%)を設定し、作成をクリックします。

新規ボリュームを作成

  1. [新規ボリューム]をクリックします。(シックプロビジョニングボリューム)
  2. アラートの閾値を、念のため「100%」にしておき、後から設定変更します。
  3. 新規ボリュームを作成します。



ボリュームの閾値を変更するには、作成した新規ボリュームを選択し、[管理]をクリックします。
「アクション」の「設定済み閾値」より閾値を変更します。

お気軽にお問合せください。

自社に合う製品が分からない、導入についての効果が知りたい…専任のスタッフがあなたの疑問にお答えします。
お問合せはこちら資料ダウンロードはこちら
お電話でのお問合せ053-465-1555
受付時間 : 平日9時~12時、13時~17時
担当 : 松下 一彦、鈴木 道尋

タグ

最近の記事

アーカイブ