ホーム技術情報2018年3月Surveillance Station のビュー管理

Surveillance Station のビュー管理

2018年3月22日
  • googleplus
Surveillance Station で、バーチャルカメラ(※)の設定ができます。
バーチャルカメラと物理カメラを同じ画面で表示するようにビューで設定します。

※バーチャルカメラ:物理カメラの視野の特定領域を選択し、それを仮想カメラとして設定できます。
Surveillance Stationでは、最大4つまで設定可能です。

ネットワークカメラ監視/防犯システム導入をご検討中の方にQNAP Turbo NASをオススメする理由はこちら >

評価環境

機器 製品名 バージョン情報
IPカメラ Panasonic WV-SP105 アプリケーション番号 2.40
画質調整データバージョン 2.06
QNAP TS-EC880U QTSバージョン 4.2.5
Surveillance Station のバージョン 5.1.1.3.2

手順

  1. バーチャルカメラの設定をします。
    Surveillance Station のカメラ設定画面で、[バーチャルカメラ追加]ボタンをクリックします。

    追加画面が表示されます。

    バーチャルカメラ名を入力します。
    画面右で、バーチャルカメラの領域を設定します。
    [適用]をクリックします。
    今回は、同じように3つのバーチャルカメラを追加します。
  2. ビューの管理 をクリックします。

    何も設定していない状態です。
  3. [追加] ボタンをクリックします。
    追加画面が表示されます。
  4. カメラのレイアウトを設定します。
    レイアウト名を入力します。ここでは「test」と設定します。
    レイアウトの形を選択します。 2x2、3x3等を選択できます。ここでは2x2を設定します。
    物理カメラ、バーチャルカメラのアイコンを右画面のレイアウトをドラッグして、好きなレイアウトに構成をします。
  5. [適用]ボタンをクリックします。
    ビューの管理でレイアウトが表示されます。
  6. [モニタリングページ]ボタンをクリックします。(レイアウトを確認します)
    QVR-Monitor が起動します。
  7. 「表示」タブをクリックします。
    「カスタムビュー」に定義した「test」のレイアウトが表示されます。
    レイアウト名「test」をクリックしたら、定義したレイアウトで表示されます。

導入事例

にしやいづ保育所様
にしやいづ保育所様

ソリューション

映像管理システム「NEXCAM」
映像管理システム「NEXCAM」

お気軽にお問合せください。

自社に合う製品が分からない、導入についての効果が知りたい…専任のスタッフがあなたの疑問にお答えします。
お問合せはこちら資料ダウンロードはこちら
お電話でのお問合せ053-465-1555
受付時間 : 平日9時~12時、13時~17時
担当 : 松下 一彦、鈴木 道尋

タグ

最近の記事

アーカイブ