ホーム技術情報2018年3月Surveillance Station のイベント管理

Surveillance Station のイベント管理

2018年3月22日
  • googleplus
Surveillance Station では、カメラやネットワーク接続に問題が発生した場合、管理者へ通知することができます。
動作が検知されると、アラーム録画をするような設定も可能です。
(カメラの互換性を事前にご確認ください。)

ネットワークカメラ監視/防犯システム導入をご検討中の方にQNAP Turbo NASをオススメする理由はこちら >

評価環境

機器 製品名 バージョン情報
IPカメラ Panasonic WV-SP105 アプリケーション番号 2.40
画質調整データバージョン 2.06
QNAP TS-EC880U QTSバージョン 4.2.5
Surveillance Station のバージョン 5.1.1.3.2

手順

  1. Surveillance Station画面を表示します。


    デフォルトは「従来のモード」となっています。(アラーム録画はオフとなります)
    「詳細モード」もありますが、特別な設定をする必要がなければ、「従来のモード」で構いません。
  2. アラーム録画を設定したい場合・・・
    「アラーム録画を有効にする」チェックボックスを選択します。
    動画を保存する機器の容量が少ない場合には、常時に録画せず、不審動作が検知されたら録画を開始する、という利用方法です。
    ここでは、常時録画をしますので、アラーム録画はオフのままで設定します。
  3. メールでのイベント通知設定を利用したい場合・・・
    Eメールタブをクリックします。
    QNAPシステムのSMTPサーバー設定を利用できますが、Surveillance Station で特別な設定をすることもできます。
    必要なサーバー情報、通知のイベントと宛先を設定すると、イベント発生時に管理者宛にメールが届きます。

導入事例

にしやいづ保育所様

ソリューション

映像管理システム「NEXCAM」

お気軽にお問合せください。

自社に合う製品が分からない、導入についての効果が知りたい…専任のスタッフがあなたの疑問にお答えします。
お問合せはこちら資料ダウンロードはこちら
お電話でのお問合せ053-465-1555
受付時間 : 平日9時~12時、13時~17時
担当 : 松下 一彦、鈴木 道尋

タグ

最近の記事

アーカイブ