ホーム技術情報2018年3月QIoT Suite Lite 試用レポート④~ダッシュボードで表示情報をデザイン~

QIoT Suite Lite 試用レポート④~ダッシュボードで表示情報をデザイン~

2018年3月22日
  • googleplus
4回に分けて、QIoT Suite Lite の試用レポートをお届けします。
 
ご使用中のQNAP Turbo NASで、堅牢なIoTアプリケーションを専門知識がなくても簡単に構築することができます。

今回は最終回です。Dashboardの設定をします。

Dashboardの設定

Ruleの設定が完了したら、データをDashboardで表示するように設定します。
  1. QIoT Suite Lite > IoT Application 画面表示
  2. 「Dashboard」タブを開く
    以下のWidgetが表示されます。

    ゲージの値が変動しています。これはQNAPが提供しているサンプルのデータが表示されているものです。削除しても構いません。
    Ruleで設定したDashboardノードがDashboardに自動的に追加されます。
  3. [Edit] クリック(設定変更)
  4. 設定アイコン クリック

    WIGET画面が表示されます。
  5. TITLE 表示確認
    Ruleで定義したDashboard名と一致していることを確認します。
  6. VALUE 設定 (データソース)
    6-1.VALUE項目の右[+ DATASOURCE] クリック
    6-2.データソース、表示するデータを選択

    今回はセンサーからのValueを表示するので、"value"に設定しました。

    自動的に生成されたものを削除して、自分でDashboardを追加することもできます。今回は自動的に生成されたDashboardを削除して、Dashboardの追加を行いました。
  7. Type 選択(Widgetの種類)
  8. UNITS、MINIMUM、MAXIMUMは、使用するセンサーの仕様にあわせて変更してください。
  9. 同じように距離のDashboardを設定
  10. 以下のように表示されることを確認

    設定が完了です。
  11. Raspberry Pi 側でプログラムを実行

    センサーからデータの取得を開始します。Dashboardの値が変化していることを確認します。

QIoT Suite Lite の試用は終了です。

お気軽にお問合せください。

自社に合う製品が分からない、導入についての効果が知りたい…専任のスタッフがあなたの疑問にお答えします。
お問合せはこちら資料ダウンロードはこちら
お電話でのお問合せ053-465-1555
受付時間 : 平日9時~12時、13時~17時
担当 : 松下 一彦、鈴木 道尋

タグ

最近の記事

アーカイブ