ホーム技術情報2019年5月Qtierの自動階層化機能のセットアップ手順

Qtierの自動階層化機能のセットアップ手順

2019年5月27日
  • googleplus
QNAPのQtier構築手順をご紹介します。

Qtierとは

QNAPのQtier(自動階層化)とは、アクセス頻度が高いデータはSSDへ保存をし、アクセス頻度が少ないデータは自動的にSATAへファイルを移動保存をする技術です。

Qtierの詳しい内容につきましては、以下のページをご参考ください。

評価環境

機器 製品名 バージョン情報 備考
QNAP TS-877 QTSバージョン 4.3.6  
SSD Micron 1300 MTFDDAK512TDL   512MBx2(RAID1)
HDD HGST HUS724020ALA640   2TBx2(RAID1)

事前準備

  1. QNAPの初期セットアップをします。

     
  2. ウィザードにしたがって初期セットアップを実施します。

     
  3. SSDプロファイリングツールでQtierで利用するSSDの性能を評価します。
    ストレージ&スナップショット を開きます。
    「SSDオーバープロビション」から「SSDプロファイリングツール」を選択します。
    SSDプロファイリングツールが表示されます。

     
  4. テストの作成を行います。

     
  5. ウィザードにしたがってテストケースを作成します。
    [次へ]ボタンをクリックします。

     
  6. テスト対象のSSDを選択します。
    [次へ]ボタンをクリックします。

     
  7. テストデータのサイズやテスト範囲を入力します。
    デフォルトで問題ありませんので[次へ]ボタンをクリックします。

     
  8. 確認画面が表示されます。
    [完了]ボタンをクリックします。

     
  9. データ消去のダイアログが表示されます。
    [OK]ボタンをクリックします。

     
  10. テストが開始されます。

     
  11. テストの進捗は「テストの状態」をクリックすると表示されます。

     
  12. テストが完了したら、画面右上の[レポートの表示]ボタンをクリックします。
    内容を確認します。

     
  13. 「オーバープロビジョンの評価結果」欄の「ターゲットの書き込みパフォーマンス」を確認します。
    ここに表示された数値をQtier設定時に利用します。(メモします。)

Qtierの設定手順

  1. ストレージ&スナップショットを表示します。
    ストレージ/スナップショット を選択します。
    新規ストレージプールを作成します。

     
  2. ウィザードが起動をします。
    「Qtierの有効化」にチェックを入れます。
    [次へ]ボタンをクリックします。

     
  3. Qtierを構成するSSDとHDDを選択します。
    [次へ]ボタンをクリックします。

     


     
  4. オーバープロビジョンの設定をします。
    SSDプロファイリングツールの結果から、今回使うSSDはSSDオーバープロビジョニングを利用しなくてもパフォーマンスを発揮する結果でしたので、「SSDオーバープロビジョニングを有効にする」のチェックを外します。
    [次へ]ボタンをクリックします。

     
  5. 確認画面が表示されます。
    [作成]ボタンをクリックします。

     
  6. データ消去のダイアログが表示されます。
    [OK]ボタンをクリックします。

     
  7. Qtierに対応したストレージブールが作成されます。
    この後は、ボリュームを作成してください。

Qtierの管理設定

  1. ストレージ&スナップショット を開きます。
    画面上部にある「Qtier」から「Qtierストレージブール1管理」を選択します。

     
  2. ストレージプール1の管理画面が表示されます。

     
  3. 階層化スケジュールは基本的にデフォルトでも問題ありません。
    夜間のみ実行したい場合は、手動で設定をします。

     
  4. オンデマンド階層化の設定をします。
    「どのデータ(フォルダ)を自動階層化の対象にするか」を選択します。

     
  5. 自動階層化の状況は、「統計」で確認します。

     

動作確認

  1. 「データがSSDに書き込まれているか」を確認します。
    PCからQNAPをマウントして、断続的にQNAPへデータを書き続けてみます。

     
  2. リソースモニタを表示します。
    「ストレージリソース」を選択します。
    「RAIDのアクティビティ」を確認します。SSDで構成をしたRAIDグループ1への書き込みが行われています。

性能評価

機器 製品名 バージョン情報 備考
QNAP TS-877 QTSバージョン 4.3.6  
SSD Micron 1300 MTFDDAK512TDL   512MBx2(RAID1)
HDD HGST HUS724020ALA640   2TBx2(RAID1)
PC HP EliteBook 830 G5 Windows10  
benchmark CrystalDiskMark 6.0.2  
Network   1Gbps WindowsPCとQNAPをCIFSマウント

ベンチマーク結果

Qtier構成とHDD構成でベンチマークを計測した結果です。
Qtier構成 HDD構成
Seq Q32T1と4KiB Q1T1との差はあまりありませんが、4KiB Q8T8の読み込みは、約6.7倍、書き込みは12.5倍。4KiB Q32T1の読み込みは、約7.9倍、書き込みは約16.4倍の差がありました。

SSDドライブの価格がだいぶ下がってきていますので、512MB以上のHDD2本とSATA HDDの組み合わせる事で、比較的安価にストレージの高速化が望めます。

関連商品

環境構築サービスなども承ります。お気軽にお問合せください。

自社に合う製品が分からない、導入についての効果が知りたい…専任のスタッフがあなたの疑問にお答えします。
お問合せはこちら資料ダウンロードはこちら
お電話でのお問合せ053-465-1555
受付時間 : 平日9時~12時、13時~17時
担当 : 松下 一彦、鈴木 道尋