ホーム技術情報2019年7月VMWareのデータストアとしてQNAPを利用する手順

VMWareのデータストアとしてQNAPを利用する手順

2019年7月1日
  • googleplus
VMwareからQNAPをデーターストアとして扱う為の手順を紹介します。

評価環境

以下の環境でセットアップ手順を記載しています。QNAP NASにつきましては、他のモデルでも同様の手順にて設定が可能です。
 
機器 製品名 バージョン情報
QNAP TES-1885U QTSバージョン 4.3.6.0979
Quanta QuantaGrid D51PC-1U  
VMware ESXi-6.5.0-20170104001-standard  6.5.0 Update 2 (Build 13004031)

手順

QNAP NAS側の設定

NFSの設定

  1. コントロールパネルを表示します。
    ネットワークサービスとファイルサービス > Win/Mac/NFS を表示します。
    NFSサービスを有効にします。

     
  2. VMwareから、NFSマウントを行うマウントポイントとして、共有フォルダを作成します。

     
  3. 作成した共有フォルダに、NFSでのアクセス権を付与します。

iSCSIの設定

  1. iSCSIの設定をします。
    技術情報「iSCSIのストレージとして使う方法」 を参考に、iSCSIターゲットを構成します。

     
  2. VMware側で、QNAPのIQNを利用します。
    [iSCSIターゲットの変更]から、iSCSIターゲットIQNをコピーしておきます。

VMwareからNFSでQNAPをマウントする手順

  1. VMware ESXiにアクセスをします。

     
  2. ナビゲータ「ストレージ」をクリックします。
    「データストア」タブを表示します。
    「新しいデータストア」を選択します。

     
  3. ウィザードが起動します。
    「NFSデータストアのマウント」を選択します。
    [次へ]ボタンをクリックします。

     
  4. NFSマウントの詳細設定を行います。
     ・名前:データストアに表示する名前
     ・NFSサーバ:QNAPのIPアドレス
     ・NFSシェア:共有フォルダのマウントポイントを指定。QNAPの共有フォルダは、/share/以下に作成されます。
     ・NFSバージョンを指定
    [次へ]ボタンをクリックします。
  5. 設定確認画面が表示されます。
    問題ないことを確認します。
    [完了]ボタンをクリックします。

     
  6. データストアにQNAPのデータストアが表示されます。

     
  7. データストアブラウザでアクセスをすると、スナップショットとネットワークごみ箱のフォルダが表示されます。
    QNAPへのアクセスが確認できます。

VMwareからiSCSIでQNAPをマウントする手順

  1. VMwareのESXiにアクセスをします。

     
  2. ナビゲータ:ストレージをクリックします。
    「アダプタ」タブを表示します。
    「ソフトウェアiSCSI」を選択します。
  3. VMwareからiSCSIでQNAPにアクセスを行う設定をします。
    「固定ターゲットの追加」をクリックします。

     
  4. 以下のとおり設定します。
     ・ターゲット:QNAPのiSCSI IQN
     ・アドレス:QNAPのIPアドレス
    [設定の保存]ボタンをクリックします。

     
  5. 「デバイス」タブを表示します。
    QNAPのiSCSIがマウントされている事を確認します。
    「正常、低下しました」は、ネットワークが1GbEなために表示されますが、問題ありません。

     
  6. 「新しいデータストア」をクリックします。
    ウィザードが起動します。
    「新しいVMFSデータストアの作成」を選択します。
    [次へ]ボタンをクリックします。

     
  7. 以下のとおりデバイスを選択します。
     ・名前:データストアに表示される名前
     ・デバイス:iSCSIでマウントされたQNAP
    [次へ]ボタンをクリックします。

     
  8. パーティションの設定をします。
    QNAPのiSCSIボリュームをすべて利用します。
    [次へ]ボタンをクリックします。

     
  9. 設定に問題がないことを確認をします。
    [完了]ボタンをクリックします。

     
  10. ディスクの内容を消去する確認ダイアログが表示されます。
    [はい]ボタンをクリックします。

     
  11. データストアの一覧に、QNAPのデータストアが表示されることを確認します。

     
  12. データストアブラウザでアクセスできることを確認します。

動作検証

  1. VMwareからNFS、iSCSIでマウントをしたデータストア上の仮想OSを作成します。
  2. 「新規仮想マシンの作成」を選択します。
    [次へ]ボタンをクリックします。

     
  3. 名前とゲストOSを選択します。
    [次へ]ボタンをクリックします。

     
  4. ストレージの選択でQNAPを選択します。
    今回はNFSを選択します。

     
  5. 設定のカスタマイズをします。
    [次へ]ボタンをクリックします。

     
  6. 設定が問題ないことを確認をします。
    [完了]ボタンをクリックします。

     
  7. データストアブラウザで、QNAPのNFSを確認します。
    「QNAP_TEST」が作成されていることを確認します。


    iSCSIの場合も同様に、QNAPのiSCSIに「QNAP_TEST2」が作成されていることを確認します。

関連商品

環境構築サービスなども承ります。お気軽にお問合せください。

自社に合う製品が分からない、導入についての効果が知りたい…専任のスタッフがあなたの疑問にお答えします。
お問合せはこちら資料ダウンロードはこちら
お電話でのお問合せ053-465-1555
受付時間 : 平日9時~12時、13時~17時
担当 : 松下 一彦、鈴木 道尋