ホーム技術情報2019年12月Windows Server Update Service(WSUS)設定手順

Windows Server Update Service(WSUS)設定手順

2019年12月27日
  • googleplus
Windows Server Update Service(WSUS)の導入手順を紹介します。

Windows Server2016にWSUSを構築する場合のシステム要件

CPU 1.4GHzのx64プロセッサ(2GHz以上を推奨)
メモリ 2GB以上
ネットワークアダプター 100Mbps以上
ディスク容量 10GB(40GB以上を推奨)

評価環境

機器名 製品名 バージョン情報
QNAP QNAP TES-1885U QTSバージョン4.3.1.1146
  virtualization station 3.2.761
コンピューター名 役割
DC01 ドメインコントローラー
WSUS01 Windows Server Update Service(WSUS)
TEST Win10 Windows10クライアント

Virtualization Stationに仮想マシンを作成

今回は、QNAP上で稼働をさせているVirtualization StationにWindowsServer2016の仮想マシンを作成して、WSUSサーバを構築します。
以下のページを参考に、WindowServerの仮想マシンを作成してください。
 

WSUSのインストール

  1. サーバーマネージャーを起動します。
    「役割と機能の追加」をクリックします。

     
  2. [次へ]をクリックします。

     
  3. 「役割ベースまたは機能ベースのインストール」を選択します。
    [次へ]をクリックします。

     
  4. 対象となるサーバ(現在オペレーションしているサーバ)を選択します。
    [次へ]をクリックします。

     
  5. 「Windows Server Update Service」にチェックします。
    [次へ]をクリックします。

     
  6. [機能の追加]をクリックします。

     
  7. 「サーバの役割の選択」が表示されます。
    何も選択せず(デフォルト)[次へ]をクリックします。

     
  8. [次へ]をクリックします。

     
  9. [次へ]をクリックします。

     
  10. 更新プログラムの保存先を入力します。

     
  11. [次へ]をクリックします。

     
  12. [次へ]をクリックします。

     
  13. 構成内容に問題がないことを確認します。
    [インストール]をクリックします。

     
  14. インストールが完了するまで待ちます。
    [インストール後のタスクを起動する]をクリックします。

     
  15. 構成が正常に終了したことを確認します。
    [閉じる]をクリックします。

WSUSの基本設定

  1. サーバマネージャー右上の「ツール」メニューから「Windows Server Update Service」をクリックします。

     
  2. [次へ]をクリックします。

     
  3. 「Microsoft Update 品質向上プログラム」への参加を設定します(任意選択)
    [次へ]をクリックします。

     
  4. 「アップストリームサーバーの選択」を設定します。
    1台目のWSUSサーバの場合は、Microsoft Updateから同期を行います。
    [次へ]をクリックします。

     
  5. プロキシ設定を行う場合は、設定します。
    [次へ]をクリックします。

     
  6. [接続の開始]をクリックします。

     
  7. 同期が完了したことを確認します。
    [次へ]をクリックします。

     
  8. 対象となる言語を選択します。
    [次へ]をクリックします。

     
  9. 更新プログラムが必要な製品を選択します。
    [次へ]をクリックします。
    必要最低限の製品(現在稼働をしているOSに限定)とした方が、ディスク容量の節約やダウンロード時間の短縮につながります。

     
  10. 更新するプログラムの分類を選択します。
    [次へ]をクリックします。

     
  11. WSUSサーバが更新プログラムを取得する時間(同期を行う時間)を指定します。
    「自動で同期をする」を選択し、同期を行う時間を指定します。
    通常は、サーバやネットワークの負荷が少ない時間帯を指定します。
    [次へ]をクリックします。

     
  12. 「初期同期を開始します」を選択します。
    [次へ]をクリックします。

     
  13. [完了]をクリックします。

環境構築サービスなども承ります。お気軽にお問合せください。

自社に合う製品が分からない、導入についての効果が知りたい…専任のスタッフがあなたの疑問にお答えします。
お問合せはこちら資料ダウンロードはこちら
お電話でのお問合せ053-465-1555
受付時間 : 平日9時~12時、13時~17時
担当 : 松下 一彦、鈴木 道尋