ホーム技術情報2020年2月QNAPのHDDを入れ替えてディスク容量を増やす方法

QNAPのHDDを入れ替えてディスク容量を増やす方法

2020年2月3日
  • googleplus
QNAPのHDDを入れ替えてディスク容量を増やす手順を紹介します。

評価環境

機器名 製品名 バージョン情報
QNAP QNAP TVS-882T QTSバージョン4.4.1.1146
HDD Seagate 500GB SATA 交換前HDD
HDD HGST 2TB SATA 交換後HDD

HDD交換手順

  1. [ストレージ&スナップショット]-[ディスク/VJBOD]画面を確認します、QNAPで使っているHDDは、Seagateの500GBです。今回は、このHDDをHGSTの2TBと換装をしてQNAPのHDD容量を増やします。
  2. [ストレージ&スナップショット]-[ストレージ/スナップショット]画面から[管理]を選択します。
  3. ストレージプール1の管理画面が表示されます。[管理]-[ディスクを1台ずつ交換する]を選択します。
  4. 交換するディスク[Disk 1]を選択して、[変更]をクリックします。
  5. QNAPからHDDを取り外せる状態となったら、QNAPから[Disk 1]のHDDを取り出して、新しいHDDを投入します。
  6. HDDを投入してしばらくすると、QNAPが新しいHDDを認識して、RAIDグループの再構築が開始されます。終了するまで、そのままの状態で待ちます。尚、RAID再構築中でもQNAPへのアクセスは可能です。
  7. RAID再構築が完了したら、[Disk 2]を選択して[変更]をクリックします。
  8. QNAPからHDDを取り外せる状態となったら、QNAPから[Disk 2]のHDDを取り出して、新しいHDDを投入します。交換したHDDをQNAPが認識をすると、[容量の拡張]ボタンが有効になるので、クリックをします。
  9. 確認ダイアログが表示されますので、[OK]をクリックします。
  10. RAIDグループの再構築が開始されます。終了するまで待ちます。
  11. 再構築が完了すると、RAIDグループ1の容量が拡張され、同時にストレージプールも拡張されます。
  12. [ストレージ&スナップショット]-[ストレージ/スナップショット]画面からも、ストレージプール1が拡張されている事を確認します。当初の456GBから、1.81TBに拡張されています。
  13. [ストレージ&スナップショット]-[ディスク・VJBOD]画面のディスク情報で、交換をしたHDDになっている事を確認します。SeagateからHGSTにHDDが変更となり容量が増えている事を確認します。

環境構築サービスなども承ります。お気軽にお問合せください。

自社に合う製品が分からない、導入についての効果が知りたい…専任のスタッフがあなたの疑問にお答えします。
お問合せはこちら資料ダウンロードはこちら
お電話でのお問合せ053-465-1555
受付時間 : 平日9時~12時、13時~17時
担当 : 松下 一彦、鈴木 道尋