ホーム技術情報2020年5月他社製NASからQNAPへのデータ移行手順

他社製NASからQNAPへのデータ移行手順

2020年5月18日
  • googleplus
他社製品NASからQNAPへのデータ移行を簡単に行う手順を紹介します。

通常、NASのデータ移行となると中継用のPCなどを準備してrobocopyなどのツールを使って移行作業を行いますが、移行元のNASにFTP/Rsyncサーバの機能があれば、QNAPのHBS3にあるアクティブバックアップで移行が可能です。
今回は、一般的なNASにはだいたい実装されているFTP経由でのデータ移行手順を紹介します。

評価環境

機器名 製品名 バージョン情報
QNAP QNAP TS-877 QTSバージョン4.4.2.1270
他社製品 NAS FTPサーバの機能を有するもの

【注意事項】
他社製品からのデータ移行の場合、ユーザID、グループIDが異なりますので、ファイル、フォルダのアクセス権継承はできません。

QNAPの事前準備

  1. [コントロールパネル]-[権限設定]-[共有フォルダ]から、QNAPにデータ移行する受け側となる共有フォルダを作成します。
  2. AppCenterからHBS3 HybridBackupSyncをインストールします。[バックアップ/同期]メニューの中にあります。

移行元NASの事前準備

  1. [コントロールパネル]-[ファイルサービス]-[FTP]の画面から、[FTPサービスを有効にする]にチェックを入れて[適用]をクリックします。

既存のNASデータをQNAPに移動する

  1. HBS3を起動します。
  2. 左メニューにある[同期]を選択します。[今すぐ同期]-[アクティブ同期ジョブ]を選択します。
  3. [同期ジョブの作成]画面から、[リモートFTPサーバ]を選択します。
  4. [ストレージ領域の作成]画面から、移行元のNASの情報を入力します。入力をしたら、[テスト接続]をクリックして、移行元NASとQNAPの接続確認をします。
  5. 接続が成功すると、[テスト接続:成功]と表示されます。[作成]をクリックします。
  6. NASの移行の場合、必ずしも新しいFTPサーバが稼働するとは限らないため、以下の様なダイアログが表示されますが、そのまま[OK]をクリックします。
  7. 同期をするフォルダを選択します。最大10個まで1つのジョブで複数のフォルダの設定が可能です。
  8. データ移行な為、[スケジュールなし]を選択して[次へ]をクリックします。
  9. ルール設定ですが、デフォルトのまま[次へ]をクリックします。
  10. 作成したジョブの設定を確認します。問題無ければ、[作成]をクリックします。
  11. 作成したジョブを実行します。[今すぐ同期]をクリックします。
  12. 同期が開始します。
  13. 同期が完了しました。
  14. エクスプローラーでファイル数を確認して問題無ければデータ移行の終了です。QNAP側の方がファイル数が多いのは、移行元NASのごみ箱とスナップショットのごみ箱がある為です。
  • 復元元
  • 復元先(QNAP)

環境構築サービスなども承ります。お気軽にお問合せください。

自社に合う製品が分からない、導入についての効果が知りたい…専任のスタッフがあなたの疑問にお答えします。
お問合せはこちら資料ダウンロードはこちら
お電話でのお問合せ053-465-1555
受付時間 : 平日9時~12時、13時~17時
担当 : 松下 一彦、鈴木 道尋